申告していない所得税を整理しませんか?過去5年分までの確定申告の無申告に対応。期限後申告や期限後の法人税のご相談もお気軽にどうぞ。

運営:税理士法人century partners

お気軽にご相談ください。

03-6712-2681

受付時間

9:00〜18:30頃

過去の確定申告もしていないという無申告状態の方の申告代行も行っておりますのでご連絡くださればと存じます。まずは無料相談をしてくださいませ。

週末モデルをしているOLさんなどは、きちんと確定申告し、無申告は避けましょう。

週末モデルの税金の確定申告と無申告

週末モデルの写真

週末モデルの方々は儲けを得たらきちんと確定申告を行ってくださいませ。

週末モデルをされる方が増えてきていますが、中には税金の確定申告をしていないために、後から税務署や市区町村の役所から税務調査指摘を受けてしまい罰金などを支払うことになってしまう例も出てきています。「週末モデルとして少し稼いだだけだから確定申告をしなくても大丈夫だろう」とお考えになってしまうようですが、決して無申告とはせずに申告してくださればと思います。

後述しますが、週末モデル業で稼ぎを得ていることは割と簡単に税務署や役所に把握されますので、無申告のままでもばれないとはお考えにならないでください。無論、税務署にばれるから申告しようというのではなく、所得税法や地方税法にて申告義務が規定されていますので、法令遵守と言う観点から、自主的に申告をしましょう。

最近ではウェブサイトのアプリから簡単に登録してモデル業をすることもできるようになっているために、今後も週末モデルさんは増加するのではないかと思いますが、税金の申告・納税に関しては十分にお気を付けください。もちろん、申告の際には計上可能な必要経費はできる限り計上するなどして、節税もしっかりと行っていただければと思います。

※「週末モデル」という有名なインターネットサイトもありますので、こういったところでご登録になる方が増えています。

確定申告をしていない状態が続くと不安もたまってきてしまいますので、返って平日のお仕事や週末のモデル業にも悪影響が出てしまうかもしれません。しっかりと申告・納税を行い、気持ちよく働ける環境を作ることで、より楽しく働くことができるのではないでしょうか。

報酬の場合は必要経費を計上して確定申告すること

週末モデルをした場合は、報酬という外注のような形式で支払いを受けることが多くなります。報酬の場合は事業所得や雑所得として申告をするのですが、本業がある方が副業として週末モデルをしている場合には、趣味程度の収入となり、雑所得として申告をされることが多いのではないでしょうか。

さて、事業所得であっても雑所得であっても、必要経費の計上が可能です。毎年の報酬総額から必要経費を差し引いた金額が週末モデルとしての所得となり、ここに対して税金がかかってくるとお考えください。そうなると、必要経費が大きければ大きいほど所得が小さくなるので、税額が小さくなるのです。

交通費や衣装代などを初めとして、直接的に週末モデル業に関わる経費は計上できるのです。

週末モデル業にかかった必要経費はきちんと確定申告の際に計上して、できる限り節税をするようにしましょう。経費計上するためにも、支出の際には領収書又はレシートを受け取るようにしてください。領収書やレシートは、節税につながるために、現金と同じような価値がありますので、大切に保管してください。

週末モデルの無申告は簡単に税務署にばれる

週末モデル業で儲けているにも関わらずに確定申告と納税を行っていない場合には、割と簡単に税務署や市区町村の役所にばれることになります。その理由は次のようなところにあります。

税務署は様々な会社に税務調査に入ります。その際に、その調査先の会社が個人に対して支払いを行っている場合には、その個人の情報を持ち帰り、その個人がきちんと確定申告をしているかを税務署内部でチェックするのです。

週末モデルの料金の支払いをしている会社や、その中間に入って依頼会社とモデルさんの仲介をしている会社に税務調査が入りますと、そこで週末モデルさんがいくらの支払を受けているかがわかるのです。このような経緯があるために、週末モデル業の無申告は簡単に税務署等にばれると言うことができるのです。

週末モデルの稼ぎに関して無申告となってから3年とか4年とかを経過してから税務署から指摘が入る可能性も十分にありますが、このような場合には延滞税といった利息の性質を有する税金も高くなるので、万一無申告となってしまっているモデルさんは早くに無申告を解消することが必要です。税務調査は無申告となって何年も経ってから突っ込んでくることが多いということをご認識くださればと存じます。

週末モデルは税務署と役所のどっちに申告するの

週末モデルさんの場合は、税務署と役所のどちらに申告をすれば良いのでしょうか。本業でお昼に仕事をしている週末モデルさんの場合には、副業の週末モデルとしての儲けが20万円超の場合には、居住地を管轄する税務署に対して所得税及び復興特別所得税の確定申告を行ってください。

モデルとしての副業の儲けが一方で20万円以下の場合は、居住地の市区町村の役所に対して住民税の申告を行えば大丈夫でございます。住民税の申告書の様式は各々の役所によって異なりますので、その役所から取り寄せることになります。役所のホームページに様式が掲載されている場合は、それを印刷すれば良いこととなります。

例外的に、20万円以下であっても、税務署に確定申告をすることで源泉徴収された所得税及び復興特別所得税が還付されることがあります。このような場合に限っては、20万円以下であっても税務署に確定申告した方がお得であるということになります。

なお、住民税の申告をした場合には、税務署への確定申告は不要です。一方で、税務署に確定申告をした場合も、住民税の申告は不要です。基本的に、両方に申告を行うと言うことはないのです。この提出先の判断に関しては少々複雑な部分ではあるのですが、誤らないようにご注意くださいませ。

週末モデルは税理士に確定申告を依頼した方が良い?

週末モデルの確定申告代行をする税理士の写真

週末モデルさんが初めて確定申告をする場合は、税理士へのご依頼も検討してくださればと存じます。節税など、税理士に依頼した方が有利になることも多々ありますし、手間も減ります。

週末モデルさんの中には、これまでに税金の確定申告をしたことがないという方もいらっしゃると思います。もしも今後初めて申告をされるのであれば、初回だけでも、我々のような税理士事務所(会計事務所)に確定申告書類の作成代行と提出代行を依頼するのも良い選択だと言えます。

そうすることで、何が必要経費になって、何が必要経費にならないのかと言うことを税理士事務所が判断してくれますし、できる限りの節税もしてもらうことができます。そして、次回の申告からは、税理士事務所が作成した申告書を真似たり、税理士事務所が行った節税方法を真似して申告すると良いのです。こうすると、結果的にはトータルで支払う税金を最も安く抑えることができる可能性が高いのです。

なお、もしも週末モデルの確定申告を本来はすべきところだったところ、していなかったという無申告状態になってしまっている方は、無申告案件を得意とする税理士事務所にご依頼になるのが良いでしょう。

そして、我々もそうなのですが、税務代理をしてくれる税理士事務所に依頼するのがベストです。無申告案件の場合には、後々に税務署から問い合わせがあって質問を受けるような確率が通常の申告よりも高くなります。その際に、代わりに税理士事務所に回答してもらった方が安全であると言えるでしょう。無申告となってしまっている方には、できる限り早く申告を済ませて、安心していただければと思っております。

貴方の確定申告は当事務所にお任せください!無申告の方の申告代行件数では600件を超えています。相談件数という曖昧なものではなく、実際の申告件数も多い税理士事務所でございます。

確定申告のご相談はこちら(無料相談です)

03-6712-2681

営業時間:9:00~18:30

20時頃までは事務所内にいることも多く、お電話がつながることもございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

個人と法人の無申告案件、共に実績が豊富です。

 

確定申告の無申告状態の解消を我々の税理士事務所のメンバーがサポート致します。

当税理士事務所の無申告に強い税理士及び職員21名の写真

無申告案件に非常に強いメンバーの揃った税理士事務所でございます。無料相談をご希望の方は、まずはお電話、メールをください。

お気軽にご相談ください。