申告していない所得税を整理しませんか?過去5年分までの確定申告の無申告に対応。期限後申告や期限後の法人税のご相談もお気軽にどうぞ。

運営:税理士法人century partners

お気軽にご相談ください。

03-6712-2681

受付時間

9:00〜18:30頃

無申告の期限後申告の代行料金が安い税理士事務所

過去の確定申告もしていないという無申告状態の方の申告代行も行っておりますのでご連絡くださればと存じます。まずは無料相談をしてくださいませ。

圧倒的な無申告対応の経験数を誇る税理士事務所です。

無申告の期限後申告の代行料金が安い税理士事務所

無申告の期限後申告代行料金が安い税理士の写真

我々は、確定申告後の税務署からの問い合わせにも無料で対応する税理士事務所です。申告して、その後は別料金と言ったようなことにはなりません。

確定申告をしていない無申告の状態を解消するために税理士事務所(=会計事務所)に申告の代行のご依頼をされる方も多いと思います。

無申告の場合には、まとまった税金の支払も生じることがあるので、できるだけ料金安い格安の税理士事務所を探そうとされるお気持ちもよくわかりますし、当然と言えば当然です。

こちらのページでは、無申告の場合の期限後申告を税理士事務所に依頼する場合に注意すべき事項や料金に関して説明をしていきたいと思います。

最終的には、平均的な料金よりも安くて経験と十分な実力があり、かつ、申告後のフォローまできちんと行ってくれる(非常に重要です)、そんな税理士事務所を皆様に見つけれていただければ幸いでございます。

税務代理権限証書も添付し、申告後もフォローします!

期限後申告を代行してくれる安い税理士事務所(会計事務所)を探そうとしても、決して料金・値段だけには着目しないでください

節税などを徹底して行ってくれるかと言ったような仕事の質も重視しなくてはなりませんが、それ以前の問題として、「税務代理」をしてくれるかが重要になります。

税務代理とは、「税務代理権限証書」という書面を確定申告書に添付して提出することで、税理士がお客様に代わって申告後の税務署や役所からの問い合わせに対応することです。

無申告であった案件ですから、当然にして、税務署や役所が、その申告内容に関しても疑ってくる可能性が高いので、きちんとその後の対応を行い、更に追加で税金が発生するような事態は避けたいのです。そのようなときにきちんと対応してくれる税理士事務所でないと、無申告案件を任せるのは難しいのではないかと思います。

また、その後の税務署からの電話や書面(お尋ね)の対応は別料金となると、「確定申告料金は安かったけど、その後の税務署からの電話対応でお金がこんなにかかるのか」とビックリされてしまうかもしれません。

税務代理権限証書を積極的に出してくれる税理士事務所を選択しましょう。

なお、当事務所では、無申告の方の確定申告代行においても、きちんと税務代理権限証書を提出し、お客様を守ります。半日や一日拘束されるような税務調査に発展することがない限りは、税務署からの電話や書面問合せの対応には、税理士報酬は無料で対応させていただいております(税務調査になることは少なく、できるだけそうならないように対応いたします)。

※電話や書面の問い合わせと、自宅等に踏み込んでくる税務調査は異なるものです。多くの場合は、電話や書面による問い合わせで済みますし、それすらこないようなきちんとした確定申告書を作成することも大切です。

無申告、期限後申告の対応で有名な当税理士事務所の税理士の写真

当税理士事務所の代表の齋藤一生でございます。お客様にとって最善の結果が出るように、所員一同、精一杯のことをさせていただきます。又、何より、無申告であるが故に皆様が心の中にお持ちのつかえが取り除かれ、ホッとしくださると幸いです。

無申告、期限後案件に強い税理士事務所の見極め方

無申告や期限後申告に強いとか、安いと書いてあるホームページはよく見かけると思います。そんな中から良い事務所を選ぶ時の判断基準はあるのでしょうか。税理士である私の目線からですが、下記のような事務所が良いのではないかと存じます。

1.所員数が多い

実力がある事務所は口コミがすぐに広がるので、ある程度は大きくなります。自分であれば、最低でも10名以上の税理士事務所に依頼すると思います。もしくは、10名未満の5人程度であっても、開業年数が2年未満程度であれば、その税理士事務所の実力は高いのではないかと思います。

 

2.申告後の税務署対応は基本的に無料で行ってくれる

これは前出の通りですが、とても重要なポイントですね。

 

3.レスポンスが速い

レスポンスが早いと言うことはとても重要です。お客様としては、心配事やお悩み事があってご相談されているわけです。良い事務所は、そのあたりのお客様の感情にも敏感ですので、レスポンスも早いものです。そういう事務所は、相談しても親身になってくれる可能性が高いのです。

 

4.無申告を取り扱ってきた件数が多い

無申告の取扱件数はどの税理士事務所もそこまでは多くはありません。私であれば、期限後申告の申告書を最低でも200年分は申告したことがある税理士事務所に依頼します。このあたりは、聞いても答えてくれるかどうかはわからないのですが。無申告の対応の力は経験に大きく左右されるからです。ただでさえ無申告の案件は税務署にマークされますので、申告後に税務署がどう出てくるかなどもよく把握していなくてはならないのです。

なぜ、当税理士事務所に無申告案件が多く集まるのか

私達は、無申告、つまり期限後申告の案件を個人法人共に多く取り扱ってきています(個人も法人も基本的には税務署対応の方法論は同じです)。これだけの件数が集まる理由をよく聞かれます。

ひとつは、こちらのサイトをご覧になった方が無料相談にいらして、そこから受注するケースがあります。無申告について詳しく記載されていたとか、

もうひとつは、やはりご依頼くださった方からのご紹介です。無申告の状況がきちんと解消され、思ったよりも実は税金の支払も発生しなかったようなことになりますと、お客様はとても喜んでくださるものです。本当にホッとしてくださるのです。そして、そういった方の周りにはやはり同じ仕事をしていて無申告の方がいらしたりするので、知人の方のご紹介してくださるのです。

その他、無申告対応に慣れていない同業の税理士事務所(会計事務所)からのご紹介を受けることもございます。

我々としては、このようなご紹介を受けることができるというのが、一番の喜びではございます。我々の仕事に満足してくださったのだなと思えるからですね。

そのようにして多くの案件を繰り返すうちに、経験がどんどんとたまっていったのでございます。経験値やお客様を思う気持ちでは他には負けたくない、そんな税理士事務所でございます。

料金はいくらになるの?見積もりは出してもらえる?

期限後申告案件の料金の見積もりを出すことも可能でございます。電話もしくはお問合せフォームからご連絡くださればと存じます。

ただ、もっとも正確に提示するためにも、可能であれば一度無料相談という形式でお会いできればと存じます。その際には、我々にご依頼されるか否かに関わらずに、精一杯のアドバイスをさせていただきますのでご安心くださいませ。

料金案内

まとめ

無申告の期限後申告の代行料金が安い税理士事務所の見つけ方としては、知り合いに無申告案件に強い税理士がいるような場合を除いては、インターネットで探されると思います。

そこで料金を比較してみてください。

続いて、申告後の税務代理をしてくれるかどうか、事務所の規模はどの程度か、経験値がありそうかどうか等を見極めて連絡してみてください。その後のレスポンスが早く、しっかりとしたものであれば、無料相談などを申し込んでみると良いのではないでしょうか。

経験値の差はどうしてもあるのですが、我々の税理士業界はまじめな人が多いので、レスポンスなどはしっかりと行ってくれると思います。また、料金をふっかけるようなことをする税理士も滅多にいないと思いますのでご安心ください。

最後は、会ってみたり、電話で話してみて、対応者の人柄が良いところを選択されると良いかなと思います。

貴方の確定申告は当事務所にお任せください!無申告の方の申告代行件数では600件を超えています。相談件数という曖昧なものではなく、実際の申告件数も多い税理士事務所でございます。

確定申告のご相談はこちら(無料相談です)

03-6712-2681

営業時間:9:00~18:30

20時頃までは事務所内にいることも多く、お電話がつながることもございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

個人と法人の無申告案件、共に実績が豊富です。

 

確定申告の無申告状態の解消を我々の税理士事務所のメンバーがサポート致します。

当税理士事務所の無申告に強い税理士及び職員21名の写真

無申告案件に非常に強いメンバーの揃った税理士事務所でございます。無料相談をご希望の方は、まずはお電話、メールをください。

お気軽にご相談ください。