申告していない所得税を整理しませんか?過去5年分までの確定申告の無申告に対応。期限後申告や期限後の法人税のご相談もお気軽にどうぞ。

運営:税理士法人century partners

お気軽にご相談ください。

03-6712-2681

受付時間

9:00〜18:30頃

マンション管理組合の無申告が税務署にばれた!

過去の確定申告もしていないという無申告状態の方の申告代行も行っておりますのでご連絡くださればと存じます。まずは無料相談をしてくださいませ。

税務署から未申告について指摘をされてしまった!

マンション管理組合の無申告が税務署にばれた!

最近マンション管理組合がアンテナの設置による収入、太陽光発電による収入、駐車場の外部への貸し出しなどの収入について申告もれを税務署に指摘されるケースが増えています。

マンション管理組合の申告について解説します。

そもそもマンション管理組合は申告していない!?

マンション管理組合の申告と聞いて、「うちのマンションは申告していないよ」という方も多いと思います。

そもそもマンション管理組合は申告していないことが多いようです。

マンション管理組合は、もうけるために存在しているわけではないので、申告しなくてもよいということになっているのです。

なお、マンション管理組合法人の場合には地域によっては減免の書類を提出する必要がありますので、忘れずに提出しておいてくださいね。

税務署から申告もれを指摘されるケースが増えてきた!

ところが最近、マンション管理組合に税務署から申告もれの指摘がはいるケースが増えてきているようです。

一説によると2012年ころから増え始め、2014年から税務署がさらに力を入れてきていると言われています。

具体的には、屋上などへのアンテナの設置による収入、太陽光発電による収入、駐車場の外部への貸し出しなどの収入について申告がもれているという指摘です。

マンション管理組合は、もともとお金稼ぎが目的ではないので税金かからなかったのですが、外部からの収入があると「稼いでいる組織・団体」ということになり、法人税や地方税の申告・納税義務が出てきます。

指摘されたらどうすればいいの!?

指摘されたら、原則として過去5年分の申告をすることになります。

まず、資料をあつめてください。

毎期いくらの売上(収入)があったのか、その売上を獲得するために使った経費はいくらあったのか、利益はいくらなのかを計算します。

そして会計帳簿をつけて、決算書や申告書を作成していきます。先に決算書を作成し、次に確定申告書を作成すると言う流れとなります。

自力で行うのもいいのですが、税務署との交渉などもふくめて、いったん税理士に相談することをお勧めします。

来期にむけての対策を!

過去分については、税務署に指摘を受けてしまったら確定申告するしかありませんが、来期以降については対策ができるかもしれません。

実際に申告してみると分かるのですが、税負担は意外と多いです。利益の25%と考えてみてください。その他、税理士に頼むと毎年10万円はかかります。

ただでさえマンション管理組合はお金がないのに、毎年この出費は辛すぎます!

来期以降の税額を少なくする方法を一緒に考えていきましょう。

まとめ

今回はマンション管理組合が税務署に申告していないことを指摘された事例をご紹介しました。

もともとマンション管理組合は収益がないというイメージだったので税務署側もうるさく言わなかったようなのですが、実は収入がある(儲けている)ということが税務署にばれてきていて、いま狙われているようです。

当「無申告相談サポート」では、マンション管理組合の申告代行も承っております。

どうぞご利用ください。

その他のメニュー

貴方の確定申告は当事務所にお任せください!無申告の方の申告代行件数では600件を超えています。相談件数という曖昧なものではなく、実際の申告件数も多い税理士事務所でございます。

確定申告のご相談はこちら(無料相談です)

03-6712-2681

営業時間:9:00~18:30

20時頃までは事務所内にいることも多く、お電話がつながることもございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

個人と法人の無申告案件、共に実績が豊富です。

 

確定申告の無申告状態の解消を我々の税理士事務所のメンバーがサポート致します。

当税理士事務所の無申告に強い税理士及び職員21名の写真

無申告案件に非常に強いメンバーの揃った税理士事務所でございます。無料相談をご希望の方は、まずはお電話、メールをください。

お気軽にご相談ください。