申告していない所得税を整理しませんか?過去5年分までの確定申告の無申告に対応。期限後申告や期限後の法人税のご相談もお気軽にどうぞ。

運営:税理士事務所century-partners

お気軽にご相談ください。

03-6712-2681

受付時間

9:00〜20:00頃

過去の確定申告もしていないという無申告状態の方の申告代行も行っておりますのでご連絡くださればと存じます。まずは無料相談をしてくださいませ。

実は田舎に「山林」持ってます。

土地(山林)を売った場合の税金

土地を売ったのだけれども、良く調べてみたら、その土地が「山林」だった場合の税金についてご紹介します。

※林業の方ではなく、単に山に土地を持っている方のケースとなります。

田舎に山林を持っている。

田舎に「山林」を持っているという方もいらっしゃるようです。

といっても自分が林業をやっている訳ではないので、単に山に土地を持っているだけ。

その土地を売った場合の税金はどうなっているのでしょうか。

山林を売ったら、山林所得なのか???

山林を売ったら山林所得?

「土地を売ったら、譲渡所得。」ということは、広く知られているところかと存じます。

しかし、山林の税金について調べると、「山林所得」なるものがでてきます。

では、山林を売ったら、山林所得なのでしょうか。

山林所得とは?伐採しないで山林を売った場合とは?

山林所得とは、その山林の保有期間が5年超の場合に、山林を伐採して売ったり、伐採しないで山林を売った場合などに出てくるものです。

ここで気になってくるのが、山林を売ると「伐採しないで山林を売った場合」に該当しちゃうのかしら!?ということ。

よく調べていくと、「山林とともに土地を譲渡した場合」について基本通達32-2というところに書かれています。

山林をその生立する土地とともに譲渡した場合における当該土地の譲渡から生ずる所得は、山林所得に該当しない。(基本通達32-2)

つまり、土地の上に木が生えていて、その土地と木をセットで売った場合には、土地の部分については、山林所得ではなく、通常の土地の売却(譲渡所得)として計算しますということです。

山林所得関係の基本通達について詳しくはこちらをクリック(国税庁のサイトへ)

土地と木をどうやって分けるのか

「土地」と「木」をセットで売った場合には、土地は譲渡所得、木は山林所得というところまでは分かりました。

契約書に「木」の部分の代金が書かれていれば、分かりやすいのですが、書かれていないこともありますよね。

では、土地の代金と木の代金をどうやって分けるのでしょうか。

そういったケースは、税務署へ電話で相談するのが良いかと思います。

分からないことは税務署へ聞けばよいのです。

下記は当方の推測ですが、

メンテナンスしていない木は、商品にならないので、価値0

山林であっても、木の価値は0円、売却額は全額、土地部分と考え、通常の土地の譲渡として考える

ということになってくるか、固定資産評価額等で合理的に按分するといったことになってくるかと存じます。

まとめ

今回は山に土地を持っている方がそれを売った場合の税金についてご紹介しました。

当事務所へも山林を売却した方のご相談も稀にあるのですが、良くてトントン。仲介手数料や測量費を考えると、赤字で税額はでないということがほとんどです。

 

なお、林業やっているという方からのご相談には、当事務所では対応できないかもしれません。ご了承ください。

山林所得は独特ですので、山林所得の申告に慣れている地元の税理士さんにご相談された方が良いのかもしれません。

貴方の確定申告は当事務所にお任せください!無申告の方の申告代行件数では600件を超えています。相談件数という曖昧なものではなく、実際の申告件数も多い税理士事務所でございます。

確定申告のご相談はこちら(無料相談です)

03-6712-2681

営業時間:9:00~18:30

20時頃までは事務所内にいることも多く、お電話がつながることもございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

個人と法人の無申告案件、共に実績が豊富です。

 

確定申告の無申告状態の解消を我々の税理士事務所のメンバーがサポート致します。

当税理士事務所の無申告に強い税理士及び職員21名の写真

無申告案件に非常に強いメンバーの揃った税理士事務所でございます。無料相談をご希望の方は、まずはお電話、メールをください。

お気軽にご相談ください。