申告していない所得税を整理しませんか?過去5年分までの確定申告の無申告に対応。期限後申告や期限後の法人税のご相談もお気軽にどうぞ。

運営:税理士事務所century-partners

お気軽にご相談ください。

03-6712-2681

受付時間

9:00〜20:00頃

胎盤処理料は医療費控除の対象?(出産と医療費控除)

過去の確定申告もしていないという無申告状態の方の申告代行も行っておりますのでご連絡くださればと存じます。まずは無料相談をしてくださいませ。

出産と確定申告

胎盤処理料は医療費控除の対象?(出産と医療費控除)

出産したときには様々な支払いがありますが、その中でも胎盤処理料というものを支払うことがあります。これは医療費控除の対象になるのでしょうか。

そもそも医療費控除とは

そもそも医療費控除とは何かという話ですが、

これは、個人の税金(例えば確定申告)の計算で、医療費のうち自己負担した金額を引いてくれるというものです。

全額ではなく、一定額を引いた後の金額を、税金の計算上の控除してくれるというものです。

基本的には、医療費総額から10万円を差し引いた残額の金額を医療費控除として所得から差し引くことができるのです。減税額に関しては、その「医療控除額×税率(所得税率+住民税率)」で計算することができます。

※控除という言葉が分かりにくければ、経費と考えていただいても、構いません。厳密には異なるのですが、節税効果としては経費の計上と同じ効果を有していと言うことができるでしょう。

医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象となる医療費とはどんなものか。

具体例というのが、国税庁の公式サイトに記載されております。

医療費控除の対象となる出産費用の具体例

具体例といいながら、分かりにくいですよね。

迷ったら税務署に電話して確認するのが、確実だとは存じます。

なお、冒頭の「胎盤処理料」ですが、これは医療費控除の対象になってきます。

貴方の確定申告は当事務所にお任せください!無申告の方の申告代行件数では600件を超えています。相談件数という曖昧なものではなく、実際の申告件数も多い税理士事務所でございます。

確定申告のご相談はこちら(無料相談です)

03-6712-2681

営業時間:9:00~18:30

20時頃までは事務所内にいることも多く、お電話がつながることもございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

個人と法人の無申告案件、共に実績が豊富です。

 

確定申告の無申告状態の解消を我々の税理士事務所のメンバーがサポート致します。

当税理士事務所の無申告に強い税理士及び職員21名の写真

無申告案件に非常に強いメンバーの揃った税理士事務所でございます。無料相談をご希望の方は、まずはお電話、メールをください。

お気軽にご相談ください。