申告していない所得税を整理しませんか?過去5年分までの確定申告の無申告に対応。期限後申告や期限後の法人税のご相談もお気軽にどうぞ。

運営:税理士法人century partners

お気軽にご相談ください。

03-6712-2681

受付時間

9:00〜18:30頃

確定申告期限を過ぎてしまった無申告状態の方の申告代行を得意としておりますのでご連絡くださればと存じます(実績で1,000件以上申告しています)。まずは無料相談をしてくださいませ。

役者、芸人、歌手、モデル、タレント、アイドルの方々が確定申告をしていない場合

芸能の仕事の無申告

芸能人の手帳のイメージ

芸能に関するお仕事は非常にお忙しいことも多く、確定申告をする時間が取れなかったということもあります。

役者芸人歌手モデルタレントアイドルの方々が確定申告をしていない場合、つまりは無申告の状態に陥ってしまっていることがございます。芸能事務所と専属契約を締結されている場合は確定申告をしていることがほとんどですが、事務所に所属していない場合は申告していないことも結構あるのです。

芸能に関するお仕事はスケジュール帳がいっぱいになるくらいお忙しいことも多く、確定申告書を作成する時間を取ることができずに、ついつい無申告となってしまったというケースが多いようです。つまり、脱税などを考えていたわけではなく、単純に書類作成の余裕がなかったというケースですね。ただ、このように多忙であったという理由を税務署が認めてくれるわけではありません。税法は税法として、厳格に適用されますので、無申告に対して罰金延滞税(利子)はきちんと課されてしまうのです。

そのため無申告状態を早めに解消することが大変重要です。税務署に指摘を受けて申告をするのではなく、自ら申告をすることで、罰金を減額することができます。

※本業が会社員で、副業として芸能活動をされている場合も確定申告が必要です。

芸能のお仕事の確定申告のご注意点

無申告の場合の期限後申告であっても、確定申告の期限内申告であっても、役者、芸人、歌手、モデル、タレント、アイドルといった芸能関係の方々に絶対にご注意いただきたい事項がございます。

それは、「売上に関しては絶対に嘘はついてはならない」ということです。現金でもらった収入金額に関して、売上から除外して確定申告をすると、それは単なる「申告もれ」ではなく「脱税」と認定されます。脱税と言うのは、かなり悪質性が高いと言うことです。このような情報が万一もれてしまっては、その後のキャリア形成にも悪影響を及ぼします。

昨今も芸人さんが個人的に営業した件で(業界では直の営業と言うそうですが)、売上を少なく申告していたために修正申告を行ったという話が出ていましたが、このようなことにはならないようにご注意くださいませ。売上を抜いて申告をする行為に関しては、税務署は大変悪質性が高いものであると捉えますので、税務調査などでも容赦はしてくれなくなることが想定されます。売上の除外行為は恐ろしい結果を招くことにつながってしまうのです。

また、路上ライブなどで稼いだお金に関してもきちんと申告するようにしてください。

税務署はどこから売上の漏れを見つけるの?

芸能人が使う電卓のイメージ

税務署は、色々な経路から売上や経費のごまかし(嘘)を見つけてきます。

芸能のお仕事をされていると、現金でお金をもらうこともあるでしょう。お車代謝礼と言う形で割と大きな金額を現金でもらうこともあるでしょう。役者さん、芸人さん、歌手の方、モデルさん、アイドルの方々の中には、これまでに謝礼といて現金収入を得たことがある方もいるでしょう。これは芸能事務所を経由せずに入ってきますし現金なので税務署にはバレないだろうという錯覚を起こしがちです。しかし、本当にそうなのでしょうか。

実は、思わぬところから税務署にばれることが多くあるのです。代表的なものとしては、支払た相手方が必要経費に計上している場合です。税務署は事業主や法人に定期的に税務調査に入ります。特に法人にはよく税務調査が入るのです。

その税務調査の際には総勘定元帳と言う会計帳簿や領収書、レシートを確認します。その中で、皆様のお名前が出てくれば、それをメモして税務署に帰って、きちんと確定申告書が提出されているかどうか、納税が行われているかどうかを確認するのです。普通に考えるとわかるのですが、お車代や謝礼を支払ってくれた相手も余計な税金は払いたくないわけですから、必要経費に入れる可能性が高いのです。

源泉税の還付になることもある。

芸能事務所と専属契約を結んでいて、そこ経由で報酬が入ってくる場合は、源泉所得税と言う税金が差し引かれた上で入金されることが多くあります(控除されていないケースもありますが、大部分は控除されています)。この差し引かれた金額は所得税の前払いと言う性質を持っており、その金額部分は、確定申告の際の納付税額から差し引くことができるのです。

ただ、芸能のお仕事の場合は交際費などの必要経費が大きくなることもあり、実際に確定申告の際に計算された所得税額よりも天引きされた源泉所得税額が大きいことも非常に多くあります。この場合には、確定申告をすることで、所得税が還付されることになります。還付となる場合は、無申告となっていても、敢えて税務署が指摘してこないという可能性もありますね。追加納税額がない以上は、指摘しないでおこうとなる可能性があるのです。

還付とはならない場合でも、既に前払してる税金があると、確定申告では追加納税額が生じないことも多いのです。

無申告の場合は税理士事務所に依頼した方が良い

ここまで、役者、芸人、歌手、モデル、タレント、アイドルの方々が確定申告で売上を抜いてはならないこと等、税務署にご説明いたしました。

確定申告の期限も守るべきなのですが、もしも遅れてしまった場合でも、期限後申告と言う形で申告をしなくてはなりません。遅れただけであれば脱税ではないので、早めに申告を行いましょう(売上を除外したり架空経費を計上すると脱税となります)。

そして、可能な限りは、無申告状態を抜け出す際の数年分の申告は、我々のような無申告の解消の実績が豊富な税理士事務所にご相談されることをおすすめいたします。そして、期限後申告による確定申告も税理士にお願いしてしまうと良いでしょう。

無申告と言うだけで、既に税務署としても疑いの目を向けてしまうので、正確な申告書を税理士事務所に作成してもらって、税理士の署名も得た上で税務署に申告するのが得策と言えるのです(信用力の意味でもそうですが、節税の観点からもそう言えます)。無申告を解消した次の年分以降は、ご自身で確定申告をしてても良いのではないでしょうか。

※直近の確定申告が少し遅れてしまっただけである場合には、無申告加算税が免除されることも稀にあります。ただし、期限を過ぎてしまった場合において、自主的に1か月以内に期限後申告をすることが大切になってきます。

貴方の確定申告は当事務所にお任せください!無申告の方の申告代行件数では1,000件を超えています。相談件数という曖昧なものではなく、実際の申告件数も多い税理士事務所でございます。

確定申告のご相談はこちら(無料相談です)

03-6712-2681

営業時間:9:00~18:30

20時頃までは事務所内にいることも多く、お電話がつながることもございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

個人と法人の無申告案件、共に実績が豊富です。

 

確定申告の無申告状態の解消を我々の税理士事務所のメンバーがサポート致します。

当税理士事務所の無申告に強い税理士及び職員21名の写真

無申告案件に非常に強いメンバーの揃った税理士事務所でございます。無料相談をご希望の方は、まずはお電話、メールをください。

お気軽にご相談ください。