申告していない所得税を整理しませんか?過去5年分までの確定申告の無申告に対応。期限後申告や期限後の法人税のご相談もお気軽にどうぞ。

運営:税理士法人century partners

お気軽にご相談ください。

03-6712-2681

受付時間

9:00〜18:30頃

過去の確定申告もしていないという無申告状態の方の申告代行も行っておりますのでご連絡くださればと存じます。まずは無料相談をしてくださいませ。

アマゾンフレックス(Amazon Flex)の無申告

アマゾンフレックス・(Amazon Flex)の確定申告をしていない、つまりは無申告の状態にはならないようにしましょう。確定申告をしないとどうなるかと言いますと、後々に税務調査に入られる可能性が高く(自宅で、もしくは税務署に呼び出されての調査)、こうなってしまいますと本来支払うべき税金よりも多くの税金を支払うことになってしまいます。

アマゾンフレックス(Amazon Flex)から生じた利益に対して本来納めるべき税金にプラスして、罰金の性質を有する無申告加算税や利息の性質を有する延滞税の支払義務が生じるためです。税務調査では、忙しくて申告する時間を取れなかったというような理由は聞き入れてもらえないので注意が必要です。法律は法律として割り切った対応をされてしまうのです。

しかも怖いのは、アマゾンフレックスの収入の申告をせずに期限を過ぎてしまってからすぐに税務調査が来るわけではないのです。しばらく時間が経過してから税務調査がやってくることが多いのです。早ければ無申告状態となってから数ヶ月から8ヶ月で来ますし、遅ければ4年後にやってくるのです。ポイントとしては、遅くなればその分だけ利息としての性格を持つ延滞税の金額が膨らむという点です、数年にわたって無申告となっていた場合には、かなりの金額になることもあるので注意したいところです。

アマゾンフレックスで働いて稼ぐことに集中されることは良いことではあるのですが、同時に税金の手続きなどに関する知識も深めてくださればと思います。

アマゾンフレックス(Amazon Flex)の無申告について説明する税理士のイメージ

アマゾンフレックス(Amazon Flex)の無申告は非常に危険です。無申告者が多くなると税務署が考えている可能性も高いため、税務署もアマゾンフレックス(Amazon Flex)の配達員の確定申告及びの所得税等納付の情報は確認しようとするでしょう。

税務調査が入ると、申告義務に気が付かなかったでは済まされないものです。

アマゾンフレックスで働いているものの、税金の確定申告をしていない場合において、「どうしても確定申告書を作成する時間がなかった」という言い訳を税務署が認めて、無申告加算税や延滞税の減免を認めてくれるかというと、そういうことはないとお考えください。副業でアマゾンフレックスで働いている方などは、本当に忙しくて申告書を作成する時間が取れないこともあると思うのですが、それは申告できなかった正当な理由としては認めてもらえないのです。

災害などやむを得ない正当な理由がある場合には申告期限を過ぎても加算税等を課税しないことはあるのですが、個人の事情である忙しさなどは考慮に入れてくれないのです。

ただし、無申告となってしまっている場合に、できる限り早く申告することで延滞税の金額をおさえることはできます。又、税務調査が入る前に自主的に期限後申告をした場合には、無申告加算税の金額がぐっと安くなるので、できる限り無申告は解消するようにしましょう。解消後には、不安も何くなり、よりアマゾンフレックスのお仕事に集中できるのではないでしょうか。

いつ税務署が来るのだろうかと脅えながら働くのは辛いことでもありますので、早い段階で期限後申告をしてほっとしたいものですよね。

アマゾンフレックス(Amazon Flex)の確定申告をしていない人は早めに期限後申告をしましょう。

確定申告をしていない人は早く申告して無申告の状況を脱した方が良いのですが、その理由には、所得証明の観点も含まれます。もしも「所得を証明するための確定申告書を提出してください」と言われた場合に、提出する確定申告書の控えがないとなると困ってしまいます。そこで、会社でも勤務している方が源泉徴収票だけを提出したとすると、それは事実とは異なる金額を伝えることになりますので、あまり望ましいこととは言えないでしょう。

アマゾンフレックスの収入がメインで給与所得もない方としては、自分の所得を証明することができなくなり、引っ越しで賃貸物件を借りる場合や保育園に提出する書類の添付書類として所得証明が必要となる場合に困ってしまうことになるのです。

複数年のアマゾンフレックスの申告をする場合でも節税は意識してください。

複数年間に渡って無申告となってしまっている場合に、まとめて確定申告する場合は、できる限り早く申告して楽になりたいと思われる方が多いものです。特に税務署からの指摘を受けてから申告する場合は、急いでいる可能性が高いでしょう。

このような場合でも、配達に関連して支払った経費の計上などは忘れずに行いましょう。節税策も講じられるものは講じることで、所得税や住民税の納税額をおさえることができます。そのことは結果的には無申告加算税や延滞税の金額をおさえることにもつながるのです。

複数年のアマゾンフレックスの期限後申告をする場合にも節税は忘れないようにしてくださいね。

アマゾンフレックスの無申告解消については税理士にも一度は相談してみましょう

無申告に強い税理士のイメージ

アマフレの無申告の問題の解決をするなら、まずは一度当税理士事務所にご相談ください。無料相談実施中です。

アマゾンフレックスの収入の確定申告の準備が中々進まずに、ついつい期限を過ぎてしまったという場合や、確定申告の必要性に気が付かずに無申告となってしまったという方は、是非、我々のような無申告案件を特に得意とする税理士事務所にご相談ください。

無申告に慣れている税理士事務所であれば、今後どのように行動した方が良いかを教えてくれますし、節税に関してもアドバイスしてくれることでしょう。一人で抱え込むよりは、専門家を頼ってしまった方が結果的には税金も安くなることが多いものです。

なお、税理士事務所に無申告の解消をご依頼になる方は多いものですが、税務代理権限証書を添付して確定申告書を提出してくれる税理士事務所を選択することをおすすめいたします。こちらの税務代理権限証書を添付すると、その後の税務署からの質問等に税理士が代わりに回答してくれますので、安心することができるのです。我々の税理士事務所でも、「確定申告をしたら後は知らない」というスタンスではなく、その後の税務署対応に関してもきちんと行うため、税務代理権限証書を添付して無申告期間の期限後申告の代行を行っております。

貴方の確定申告は当事務所にお任せください!無申告の方の申告代行件数では600件を超えています。相談件数という曖昧なものではなく、実際の申告件数も多い税理士事務所でございます。

確定申告のご相談はこちら(無料相談です)

03-6712-2681

営業時間:9:00~18:30

20時頃までは事務所内にいることも多く、お電話がつながることもございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

個人と法人の無申告案件、共に実績が豊富です。

 

確定申告の無申告状態の解消を我々の税理士事務所のメンバーがサポート致します。

当税理士事務所の無申告に強い税理士及び職員21名の写真

無申告案件に非常に強いメンバーの揃った税理士事務所でございます。無料相談をご希望の方は、まずはお電話、メールをください。

お気軽にご相談ください。