申告していない所得税を整理しませんか?過去5年分までの確定申告の無申告に対応。期限後申告や期限後の法人税のご相談もお気軽にどうぞ。

運営:税理士法人century partners

お気軽にご相談ください。

03-6712-2681

受付時間

9:00〜18:30頃

過去の確定申告もしていないという無申告状態の方の申告代行も行っておりますのでご連絡くださればと存じます。まずは無料相談をしてくださいませ。

無申告の時は税務署に相談に行くべき?

税務署へ相談に行く無申告者のイメージ

無申告を白状しに税務署に行って、相談してきた方が良いのでしょうか?

「無申告なので、税務署に行って、その旨を伝えに謝りに行った方が良いでしょうか?」というご質問を受けることがあります。結構な数、同様のご質問を受けます。

こういったご相談をされる方は、これまで確定申告をしていないことに関して、とても悩まれてきた方が多く、罪悪感も感じて、きちんと税務署に謝罪して、期限後申告をしたいと思われるのでしょう。無申告とはなってしまったものの、基本的には納税意識をお持ちの善良な方々だと私は思います。

しかし、税務署に無申告の相談に行くことに意味があるのだろうかとか、謝罪しても容赦ない担当者だったら逆に不利益を被るのではないだろうかと、疑問に思われるのではないでしょうか。そのお悩みになるお気持ち、とてもよくわかりますよね。

税務署に相談しに行くこと自体は悪くないでしょう。しかし、結論から言うと、税務署に相談に行くような日程調整などをするよりも、税務署には相談に行かないで早く確定申告書(期限後申告書)を作成して、所得税等の納税を済ませた方が良いでしょう。

無申告者が税務署に相談に行かない方が良い理由

無申告者が税務署相談に行くこと自体は悪いことではなくむしろ良いことです。税務署も、正直に確定申告をしていなかったことを話してもらえれば、助かるわけですから。それでも、税務署に相談に行かずに、早く確定申告書を作成して申告をした方が良い理由があります。

無申告の場合は、その期間に応じて延滞税という利息がかかります。と言うことは、早めに申告を済ませれば、その延滞税が安くなるのです。それであれば、税務署に行って相談してから申告書を作成するという流れよりも、早く先に申告書を作って提出してしまった方が良いのではないでしょうか。

又、さすがにこれは税務署もやらない可能性が高いですが、税務署に相談に行って無申告が発覚して税務調査が行われる可能性があります。

もちろん、自主的に期限後申告をしても税務調査が行われる可能性があります。

無申告相談サポートの代表の私のこれまでの経験からすると、税務署に相談せずに自主的に確定申告をした方が、税務調査が入る確率は低いのではないかと思います。絶対に入らないということではなく、期限後申告なのでそもそも調査が入りやすいのですが、自主申告の場合は、確率が下がると感じているのです。

先に税務署に相談すると、その後の申告を待たずに税務調査することもあるのです。税金に詳しくない方が税務署に相談した際に、税務署としても、「きちんと計算できるかわからないから、税務調査をしてこちらできちんと納税額を計算しよう」となることもあると感じております。後は言いなりとされてしまうと、税金が思った以上に大きくなってしまうこともあるので注意が必要です。

無申告の場合に限っては税理士に相談した方が良い

税金の確定申告などは、現在ではウェブ上に便利な申告書作成コーナーなどもありますので、ご自分でも作成できることが多いものです。事業所得や不動産所得だと難しいことも多いですが、シンプルな事業で、ご本人様が少し簿記の知識などをお持ちであればわざわざ税理士に依頼しなくても良いことも多いと思います。

しかし、確定申告期限までに申告しなかった無申告の方に関しては、期限後申告と言うだけで税務調査の確率が高まるので、税理士事務所に依頼して正確な確定申告書を作成してもらい、更に税理士のお墨付きの押印もしてもらうと良いでしょう。

また、税務代理権限証書を添付した確定申告書を提出してくれる税理士事務所にご依頼になるのがポイントです。この書面を提出してくれる税理士事務所は、申告後に税務署から問い合わせがあっても、皆様の代わりに戦ってくれるでしょう。こちらは大変重要なポイントですので、ご注意くださいませ。

なお、無申告の解消を税理士に依頼する場合は、必ず期限後申告の実績が多いところを選択してください。相談の数ではなく、あくまでも実際に申告した期限後申告の数でその実力を判断すると良いでしょう(相談を1,000件受けても、申告実績が100件程度ですと、中々実力が上がってこないのが、この無申告の分野なのです)。

最低でも200件は無申告案件の申告経験がある税理士事務所を選択したいところです。ここはダイレクトに税理士に聞いてみましょう。

申告後も税務署に連絡しに行かなくてOK

無事に期限後申告書を提出して、晴れて無申告が解消した後にも、特に税務署に相談に行く必要はありません。もしも何らかの理由で税務署と話したいときは、依頼した税理士を通してお伝えくださればと存じます。

税法は複雑ですし、税務署も何か課税漏れがないかを常に考えていますので、うかつなことを言ってしまうと、税務署が勘違いを起こしたりして、税務調査に着手されるおそれがあります。税務署の調査官という職業は、疑うことも一つの仕事ですので、どうしてもひっかかるところがあると追及してくるのです。

あくまでも税務署への相談は税理士を通じて行った方が良いと言えるのです。無申告を解消して、その後の年度の通常の確定申告に関しては、難しい内容でなければ、ご自身で作成しても良いのではないかと思いますし、我々といたしましても、そうすることをおすすめすることも多いものです。

貴方の確定申告は当事務所にお任せください!無申告の方の申告代行件数では600件を超えています。相談件数という曖昧なものではなく、実際の申告件数も多い税理士事務所でございます。

確定申告のご相談はこちら(無料相談です)

03-6712-2681

営業時間:9:00~18:30

20時頃までは事務所内にいることも多く、お電話がつながることもございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

個人と法人の無申告案件、共に実績が豊富です。

 

確定申告の無申告状態の解消を我々の税理士事務所のメンバーがサポート致します。

当税理士事務所の無申告に強い税理士及び職員21名の写真

無申告案件に非常に強いメンバーの揃った税理士事務所でございます。無料相談をご希望の方は、まずはお電話、メールをください。

お気軽にご相談ください。